ログハウスの魅力

ログハウスの維持

ログハウスを維持するために利用できる専門業者について

自然の素材を多用したログハウスは、適切なメンテナンスを行っていけば、長期間にわたって維持していくことが可能となります。
特に重要となるのが、外壁部分の塗装です。
外壁部分は経年劣化によって痛みを生じやすく、カビなどが発生する場合も存在しています。
そのため、外壁部分の塗装をしっかりと行っていくことが必要となっています。
このような外壁部分の塗装は、ホームセンターなどで販売されている塗料を利用して、自分で行っていくことも可能ですが、専門業者を活用した方が効率の良いメンテナンスを行えます。
外壁部分の塗装を行ってもらえる専門業者としては、リフォーム業者や工務店などが存在しており、ログハウスの規模などに応じた業者を選択していけます。
リフォーム業者などでは、維持に必要となる外壁部分の塗装以外の工事も取り扱っている場合があるため、トータル的なメンテナンスを行いたい場合にも利用価値があります。
このように、ログハウスを維持していくために必要なメンテナンスを行う場合には、リフォーム業者などの専門業者を活用することも重要です。

ログハウスを長く維持するための心得について

ログハウスは丸太小屋とも呼ばれ、木材を極力加工せずに建材として用いる建物を指します。
建築技術の発達により大型のログハウスも多数存在しますが、切り出した樹木の形を保持した状態で使用しているため、一般的な加工木材よりも維持に気を配る必要があります。
気温や湿度の変化による反りや割れなどのトラブルを回避するために日頃から建材の状態を確認すると共に、破損が生じた部分は速やかに修復することが大切です。
また、建物によっては補強の目的で金具やコンクリートを使用していることもありますが、結合部分は腐食が生じやすい点を注意する必要があります。
ログハウスに使用されている木材は品種によって性質が異なるため、それぞれの品種に適した方法で維持作業を行う事が建物を長持ちさせるための心得です。
そのため、建築の際は後の維持作業を円滑に進めるために一種類の木材で統一させる他、木材を長持ちさせるために補強用の金具やコンクリートの使用を控えることも重要なポイントになります。

copyright(c) 「ログハウスの魅力」 all rights reserved.